and.d ヘルプセンター
Open navigation

手順1. アプリ管理画面での設定


※本アプリ対応確認テーマ(2021.10現在) 
Debut / Minimal / Brooklyn / Narrative / Venture / Simple / Supply / Express / Boundless

1-1.アプリ管理画面を開く

Shopify管理画面のアプリ管理 > テイクアウト&デリバリー.amp をクリックします。

1-2. 受取方法と営業日時の設定

受取方法 
テイクアウト・デリバリーいずれかもしくは両方、受け付けるものにチェックを入れます。 
※カート画面には、チェックを入れたものが選択肢として表示されます。 

開店時間 / 閉店時間 
店舗の営業時間を、24時間の表示形式(半角)で登録します。 

中休み開始時間 / 中休み終了時間 ※任意 
店舗の営業時間内に中休み時間があれば、登録します。

休業日 
定休日となる曜日があれば、クリックして登録します。(複数指定可) 

指定日 
単発の休日があればチェックを入れて、半角で日付を登録します
※登録例:9/1(月と日の間は半角スラッシュ)・9/1,9/8,9/30 (複数日設定する場合は半角カンマで区切る) 

設定が完了したら画面を離れる前に保存をクリックします。


1-3. 提供商品情報とデリバリー/テイクアウト情報の設定

調理時間(分) 
商品を調理する場合に、出来上がりまでの時間を登録します。

配達時間(分) 
デリバリー可能エリアへの配達可能時間の目安を登録します。(デリバリーを受け付ける場合)

テイクアウト受取時間の間隔 
注文から受け取りまでの時間の目安を登録します。(テイクアウトを受け付ける場合)

デリバリー可能エリア(郵便番号) 
店舗を起点に、デリバリーが可能なエリアを郵便番号で指定します。

郵便番号7桁の内、可変部分を「*」(アスタリスク)で記載可能です。 

例)100-0001 →「100-0001」を指定しています。   

  100*   → 最初の3桁が「100」のエリア全てを含みます。   

  100-000* → 最初の6桁が「100-000」のエリア全てを含みます。

設定が完了したら画面を離れる前に保存をクリックします。


1-4. 店舗情報の設定

テイクアウトの受け取り場所として表示する情報を設定します。

店舗名 
店舗の名前を設定します。

店舗住所 
1行目:店舗住所の郵便番号7桁をハイフン入り半角で登録し「住所を検索」をクリックします。

2行目以降:不足している店舗住所を入力します。

店舗電話番号 ※任意
店舗のお客様用電話番号があれば入力します。

設定が完了したら、保存をクリックします。


この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。