and.d ヘルプセンター
Open navigation

手順2. テーマを編集する

ご利用のテーマに合わせてアプリをカスタマイズする必要がございます。

※本ページの手順は、アプリ版のShopifyからだと正常にテーマの編集が反映されない場合があります。
  恐れ入りますが、パソコンのブラウザで行っていただきますようお願い申し上げます。

2-1. 共通手順 & カートページのLiquidコードを自動編集する場合の手順

1.Shopify管理画面のメニューからアプリ管理配送日時指定.amp導入手順をクリックします。


2.インストール先のテーマを選択にて、ご利用のテーマをプルダウンメニューから選択します。


3. 実行して次のステップへをクリックします。


4. Liquidコードの自動編集自動編集を実行するをクリックします。その次の画面で、「選択したテーマへのインストールが完了しました」と表示されていたら反映完了です。

※この手順は無料テーマのみに対応しています。(以下、2021.10時点での無料テーマ一覧) 
Debut / Venture / Simple / Boundless / Supply / Narrative / Brooklyn / Minimal / Express / Dawn

2-2.「アプリでテーマを拡張する」と出てきた場合の手順

OS2.0対応の一部のテーマでは、コードを編集せずに簡単に導入することが可能です。

1. アプリでテーマを拡張するをクリックします。



2. ストアのカスタマイズ画面 > カートマークをクリックして、カート画面のカスタマイズ画面開きます。



3. 左側メニューのブロックを追加 > アプリより、本アプリを選択してください。


4. プレビューを見ながら、モジュールの位置を調整します。



5. 保存するをクリックして完了です。


2-3. カートページのLiquidコードを手動で編集する場合の手順

※主に、有料テーマをご利用の場合

1. Shopify管理画面の左側メニュー、オンラインストアテーマをクリックします。「現在のテーマ」内のアクションコードを編集するを選択するとコード編集画面が表示されます。


※「現在のテーマ」以外のテーマを選択した場合は、選択したテーマで同様の手順を実施してください。

2. 画面左側のディレクトリの中から、cartに関するliquidがあるかご確認ください。(以下は一例です。)

cart.liquid
cart-template.liquid


3. 上記Liquidコードのform内から次のコードを探して下さい。
<form action="/cart" method="post"></form>


4. 上記コードの内側(><の間)に、以下のコードを設置してください。

{% render “cart-attributes-os1” %}

設置後のイメージは以下のようになります。

<form action="/cart" method="post">{% render “cart-attributes-os1” %}</form>


5. Saveをクリックします。

※有料テーマは種類が多く、Liquidコードの文言や配置がそれぞれのテーマによって異なるため、上記の手順通りに設定できない場合がございます。 

弊社では同じ環境でのテストができないため具体的な手順を個別でご案内することはできないのですが、有償にはなるものの実際にストア管理の権限をいただき代行で導入させていただくことが可能です。ご希望の場合はお問い合わせくださいませ。

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。